どうしても英語の勉強にやる気がでない時の気持ちの切り替え対処法

sponsoredlink

英語の勉強は毎日やることが一番の効果的な方法です。

特にぼくが勧める勉強法はとにかく短期で結果を出すこと短期でスタートダッシュでそのままゴールすることが目標です。

だからいちいちスランプなんて感じていたら勉強になりません。

しかし、だからと言って毎日欠かさずやる気が満々というわけではありません。

やっぱり今日は勉強をサボっちゃおうかなって気持ちになることはしょっちゅうではないけど、よくあります。

誰でもやる気がでない時はある

このモチベーションが上がらない、こういう気持ちは必ず英語を勉強していると出てきます。

それは最初から織り込み済みで勉強するのが大切じゃないのかなと思います。

なぜならだれだってどうしてもやる気がでない時というのはあるからです。

そして、そういう時のために、どうしたらやる気が出るのか気持ちの切り替え方を最初から用意しておくのが効果的だと思います。

ぼくが取り入れる気持ちの切り替え5つの方法

ではここでぼくが取り入れる気持ちの切り替えを参考までにご紹介します。

このちょっとしたきっかけで簡単に気持ちを切り替えるそれが英語の学習を続けていくのにとても効果的だと思います。

あなたの参考になればいいです。

1.最初に掃除をしてからとりかかる

勉強をしないといけない時ってどうして机の上とかが気になるのでしょうね。

それで掃除をしているうちに勉強する気がなくなってしまうってあると思います。

それを逆に捉えるのです、勉強する前にさっさと掃除をしてしまう

掃除を英語の勉強の前の一つの儀式化させるのです。

そうすることによって最初から気が散るのを防げます。

2.TO DOリストを最初に書き出す

最初からやるべきことを決めておけば、後から何をしたらいいのかなど悩むことがなくなります。

英語の勉強は切らさないでやる勉強が何より大切です。

だから、最初から準備だてておくのは集中力を切らさずにやることに効果的です。

TODOリストを使用したらやる気がでない時でも、とりあえず、これだけはやっておこうそういうノルマを自分に貸せるのでとても効果的です。

3.簡単な有酸素運動を取り入れる

どうしても英語の勉強のやる気にならない時はちょっと遠回りかもしれないけど軽いジョギングやウォーキングを取り入れるのが効果的だと思います。

有酸素運動は脳を活性化させることは
最新の脳科学からも明らかになっています。

また汗をかくと新陳代謝にも効果的で血行も良くなるので英語の勉強だからといって運動を取り入れないなんてナンセンスです。

気持ちの切り替えに効果的な有酸素運動を必ず取り入れるようにしてください。

4.とりあえず、はじめてみる。

英語の勉強にどうしてもやる気が無い時何か他の事で気を紛らわすのではなくてとにかくとりあえず、勉強をはじめてみるというのも一つの手です。

とにかくやりはじめてみること手にとって単語一つでいいからと自分に言い聞かせてあるいはリスニングのパート2の会話を聞き流すだけでいいからと
それだけです。

とりあえずやってみるというハードルをクリアすると意外とそのまま没頭してしまうことってありますよ。

だから英語の勉強はちょっと無理してでもやり始めてみることってのも効果的だと思います。

5.お風呂に入って歌を歌う

お風呂にはいるのは意外と気持ちの切り替えが効きます。

お風呂に入ると血行が良くなることと副交感神経が刺激されるのでやる気スイッチも目覚めます。

だからどうしても今日は英語の勉強したくないなと考えていたらその時はお風呂にはいることを勧めます。

また、お風呂の中ではTOEICの出まくりキーフレーズなんかを取り入れた歌をうたうのなんかも効果的じゃないでしょうか。

歌をうたうことで耳からの記憶にもつながって英語の勉強にもなるし、一石二鳥の勉強効果を期待できます。

以上、いかがでしたでしょうか、

ぼくが取り入れているどうしても英語の勉強にやる気がでない時の気持ちの切り替え方、方法には人それぞれ向き不向きがあるかもしれないので

自分にあった効果的な勉強方法を取り入れてください。

sponsoredlink