テストに必要な暗記をだれでも簡単にできる3つの方法

sponsoredlink

 

テスト勉強で良い点数をとってる人ってのは頭が良いんじゃない。

勉強のやり方さえ分かれば、だれでも本当は点数が取れる。

今回は誰もが知りたい暗記のポイント3つの方法を教えよう。

テストで点数を取るための簡単な暗記の3つの方法

暗記というのは訓練みたいなものだ、スポーツの訓練と同じで自分勝手にムリヤリ覚えようとしてもダメだ。

誰もがやっている最新のやり方をつねに取り入れるのが大切だ。

最新の暗記方法は他の記事で書くとして今回は基本となる簡単な3つの方法を教えよう。

その1・集中力を高める時間管理

暗記をするには集中力が必要になる。

まわりで気が散る環境で暗記をしようとしても頭のなかには余分な情報が入ってなかなか記憶として定着しない。

そのためにも、勉強をする環境はとても大切だ。

環境が大切であるとともに時間の管理も大切なんだ。

時間管理とは量と質の問題。

1日に単語を100個覚えられたらすばらしいが、そんなこと絶対にムリだ。

単語は基本的に1日に10個くらいがちょうどよい。

覚える量が決まったら今度は覚える時間をはかってみることだ。

10個の単語を覚えるのにできるだけ早くスピードをもって試してみる。

それが君にとっての記憶の現段階での暗記に必要な時間だ。

これからその時間をストップウォッチなどを使いながら毎日計算して暗記をする。

これが集中力を高める暗記のための習慣となる。

その2・五感を使って暗記する。

暗記をするときに頭で暗記をすると考えていてはダメだ。

人は物を覚えるときには頭で覚えるということをしていないのだ。

学校という環境にいるから頭で覚えるものだと思い込んでいると思うが、それはちがう。

よく思い出して欲しい。

子供の頃覚えている記憶はいつまでたっても忘れないよね。

それは頭だけで覚えようとしたのではなく目で見て覚えたり耳で聞いて覚えたり手で触って覚えたりしているはずだ。

おいしいお寿司を食べた時、中にわさびが入っていたら鼻にツーンとした。

そういう感触も記憶として残っているはずだ。

つまり、記憶とは頭に詰め込む行為ではないのだ。

体で感じて頭のなかに記憶として残ることなのだ。だから暗記をするときは絶対に頭で覚えようとしてもダメだ。

5感を使って覚えること、もう少し詳しいことは他の記事で書くことにして、今回は頭だけで記憶してもダメだということを覚えておいて欲しい。

その3・短くしたりゴロで覚える。

長い文章をそのまま覚えようとしてもその長い文章を覚え続けるのはなかなか難しい。

だれだってそうだ、長い文章を暗記するのは簡単なことではない。

それでも暗記している人としていない人に差が出るには理由があるのだ。

それは長い文章は短くして覚えるのだ。

例えばキーワードだけ覚えるようにしたり、最初の頭の文字だけを暗記したりする。

それが長くて大量にあるデータを覚えるためのコツになる。

もう一つ長いものや大量にあるデータを覚えるのは全く違うゴロで覚えるということだ。

これは歴史の年号を覚えるときなどにも使っている人が多いから、すでに取り入れている人もいると思う。

ゴロは自分で作ることが大切だ。暗記するためにゴロを必死で覚えようとしたという行為が記憶として定着する。

暗記のための重要なポイントまとめ

今まで見てきたように暗記というものはなにか特別な才能があるとか特別な能力が必要というわけではないってことがわかるだろう。

例えば自分の子供の頃の記憶を一生懸命に暗記しようと努力した人などいないはずだ。

なんとなく覚えているけど忘れられないということがあるだけだ。

それはこのような単純な方法で覚えているんだ。

学校で勉強が出来る人も、資格試験で点数を取る人も暗記の方法は今回紹介した3つの方法を基礎として自分に取り入れて勉強している人たちだ。

それを忘れないで自分流にアレンジしながら覚えていって欲しい。

sponsoredlink