簡単な暗記の方法を伝授、試験で忘れない暗記テクニック

sponsoredlink

暗記の簡単なコツを教えよう

暗記が苦手って人はたくさんいると思う。

おぼえたものをすぐに忘れてしまうから、ぼくはアタマが悪いんだ。なんて思い悩んでいる人もいるみたいだ。

でも、ちょっとまって欲しい。

暗記に一番悪いのは何かというと、「自分は頭が悪い」と思い込むことなんだ。

自分の頭は本当は悪くないんだ。普通に日本語が話せてふつうに生活ができているのなら誰でも平等に暗記力はもっている。

でも、自分が頭が悪いと思いこむことによって、学校の勉強や英単語なんかをいざ覚えようとすると、どうせ忘れるからと言ってあきらめてしまいがちになる。

それが一番、暗記することを阻害(そがい)しているのだ。

知っておいて欲しいのは、自分のアタマが悪くないってことだ。

じゃあ何が悪いんだ?

そう思うよね。

悪いのはおぼえ方が悪いんだ。つまり暗記の仕方が悪いんだ。

このおぼえ方さえマスターしてしまえば、世界で一番の暗記の名人になることはできないけど、クラスで一番の暗記の名人くらいにはなれることを約束しよう。

 暗記と頭の善し悪しは関係ない

簡単な暗記のコツ

まず、暗記をするときに注意してほしいことは暗記とは頭で覚えようとしないことだ。

暗記とはかならずしも人が意識している頭で覚えているとは限らないのだ。

大切なのは五感を使って覚えることだ。そう、決して脳みそだけで覚えようとしてはいけない。

五感ってのはわかるよね?

そうだ、見ること、聞くこと、触ること、嗅ぐこと、味わうこと、の人間が持っている5つの感覚のことだ。

これら全てを記憶に連動させることができる。しかし今回は触ること嗅ぐこと味わうことは置いておいて、見ることと聞くことに注目しよう。

人は「見る」ということが記憶と関連があるということをあまり意識していない。記憶とは頭の中で行われると思い、一生懸命に頭に詰め込もうとする。

でも、本当は見ること見て覚えることは記憶にとても作用していて意識して活用させる必要があるんだ。

これをわかりやすく説明しよう。例えば「森」という漢字があるよね、この森は「木」がたくさんあって森になる。

これを木がたくさん集まって森になると記憶してるんだ。木という記号をみてそれの複数のイメージ「森」を覚えていることになるんだ。

でもこれを英語で考えてみると、木とは「tree」だよね、どこにも木をイメージする形がない「森」は英語で「forest」だよね。これも木がたくさん集まっているイメージは全然ないよね。

英語で覚えるとイメージとして覚えられない。だからアメリカ人や英語で話をしている人たちはイメージで覚えることがとても苦手と言われているんだ。

日本人はこの漢字を使ったイメージで覚えることを昔から得意としている。だから、何かを覚える時は必ず絵にしてイメージにしてみたりすると覚えやすいんだ。

覚えたことは必ず忘れる反復練習が記憶を助ける

記憶でもう一つ大切なのが、おぼえたことは何度もくりかえして覚えるということだ。

たとえば、覚えたことをすぐ忘れてしまう。と思う人は多くいるだろう。

そこで「ぼくはアタマが悪いからすぐに忘れてしまう」と思ってはいけない。

実は覚えたことをすぐに忘れてしまうのはだれでも同じことなんだ。けっして自分だけのことと思ってはいけない。

忘れたら忘れたですぐに覚えるようにすればいいだけだ。記憶力が良いと言われている人はいつでもこれをやっているだけだ。

忘れたら忘れないようにもう一度思い出すこと、これが忘れずに覚えていることの大切なテクニックなんだ。

なーんだ、そんなにアタリマエのことか、とひょうし抜けしたかな?でも実はこれにはちょっとこつが必要なんだ。

そう、 じゃあ、いつ繰り返しておぼえ直したほうが良いかって問題もあるよね。

思い出そうとしても、すぐに完全に忘れているってことはあるからね。

それで、ここで繰り返し覚えて欲しい周期っていうのは決められているんだ。

聞いたこともあると思うけどエビングハウスって人が考えた忘却曲線による忘れ防止対策のことだ。

結論だけ先に書くけど、繰り返す周期は30分後、1日後、1週間後、1か月後だ。

しっかり忘れてないのか何度も思い出して、忘れていたらもう一度覚え直すことを繰り返す。それをするだけで忘れ防止になる。

これが、暗記をするための一番基本的なテクニックだ。もちろん案起訴する方法はこれだけではない、暗記に良い食事や運動、生活習慣ってのもある。

でも、この五感をつかってイメージで覚えることと、くり返し何度も忘れないように思い出す。この2つが暗記をする上での一番の基本原則だってことを忘れないで欲しい。

お、忘れてはいけないから、もう一度繰り返して思い出さなければならないね。

その他のテクニックはまた、違うページで紹介することにしよう。

sponsoredlink