参考書の選び方

sponsoredlink

参考書の選び方

参考書を選ぶ時の一番有効な方法を教えよう。

参考書を選ぶ時のコツ

  • 成績が優秀な友達が使っている参考書
  • 本屋で見比べる。
  • 他のジャンルの本も見比べる

成績が優秀な友達が使っている参考書

成績が優秀な友達が使っている参考書というのは他の人が使ってるよりもどこか違うことに注意してほしい。

成績が優秀な人というのは使っている参考書も優れたものを使ってることが多い。それはネットで情報を得たり先輩だとか家庭教師に教えてもらっていたりするのだ。

だから優秀な成績の人が他の人とは違う参考書を使用していたりしたら要チェックだ。

しかも、自分の成績を上げた優れた参考書について友達に勧めてくれるような友達だったら良いが、もし隠れて勉強して優れた参考書も黙っているような友達だったらその参考書が良いかどうかを教えてくれたりはしない。

だから試験の日とかにどの参考書で最終チェックをしているのかよく見ていると良い。

普段使ってないような参考書を取り出して試験前の最終チェックなどしていたらそれはきっと優れた参考書だってことを覚えておこう。

本屋で見比べる。

よく売れている参考書という情報も大切なポイントだ。

しかし、よく売れているというだけで自分に合っているかどうかがわからなければ優れた参考書とは言えない。

優れた参考書とは最終的に自分に合っているかどうかが問題になるからだ。

そのためには本屋まで足を運んで自分の勉強スタイルに合っているかどうかを常にはからないといけない。

前の章で言った通り、友達が使っている参考書も本屋で一度手に取って読んでみるのだ。

自分にとって読みやすい文章だろうか、書かれている内容は理解しやすいように書かれているだろうか。

そういうことに注意して自分に合っているかどうかが参考書選びの大切なポイントだ。

参考書はこれから少なくとも1年間くらいはつきあうことになるはずだ。そのためにも参考書選びに自分に合うかどうかを忘れないでほしい。

他のジャンルの本も見比べる

参考書選びをする時に他のジャンルの本を見比べるということも一つのポイントだ。

ここでいう他のジャンルというのはどういうことか。

それはたとえば英語で自分が気に入った参考書があったとしよう。そしたら同じ出版社のシリーズで数学の参考書はどうだろうかと見比べてみるのだ。

だいたい数学は良いけど英語はダメなどということは少ない。

自分の勉強スタイルにあった参考書というものは他の科目や他のジャンルでも自分に合っていることが多いのだ。

出版社で自分にあった参考書かどうかを選ぶことも参考書選びには書かせないポイントだということを忘れないでほしい。

sponsoredlink