一夜漬けの極意テストで一夜漬けの勉強で成功する方法

sponsoredlink

一夜漬けを成功させる方法

一夜漬けはダメだってことはわかっている。

一夜漬けで覚えたことなんてすぐに忘れてしまうことだってわかっている。

でも全然勉強してこなかったから一夜漬けしか方法が無いんだ。ってことあるよね。

テストまで1週間ある、あと3日ある、そう思っているうちにどんどん時間が経ってしまって、気がついたらテスト前日でこのままではヤバいって時もう一夜漬けしか無いとき効果的な一夜漬けはないだろか。

実は一夜漬けにも方法があるんだな。

これは暗記科目に限った方法でしかないし、最終手段でしかない。

ほんとうなら一夜漬けなんかに頼らずにじっくり勉強するのがいいんだけど、どうしてもってときの一夜漬けの方法を教えよう。

一番効果的で一夜漬けの勉強を成功させるテクニックだ。

一夜漬けのためのテクニック

一夜漬けのためのテクニックで大切なことを2つ話そう。

ひとつは最後にどうしても暗記しないといけないものをまずは整理する。何を暗記すべきなのかどれだけ暗記すべきなのかを書き出して一度全てに目を通して整理するのにだいたいどれくらい時間がかかるのか、おおよその時間を計算しておいてくれ。

つぎに必要なのが、自分の寝る時間の確保だ。最低でも睡眠時間を6時間は確保するようにしたい。

実は一夜漬けと言っても睡眠時間はとても大切なアイテムなんだ。だから深夜まで勉強することを考えるよりも、できるだけ早めに寝て最低6時間の睡眠時間を確保して朝早くに起きるようにする。

この睡眠時間の確保は一夜漬けにとても大切になるから注意が必要だ。

いつも朝の7時に起きているのなら一夜漬けの日は朝5時に起きるようにする、6時間の睡眠を考えるとできれば夜の11時、遅くとも12時には寝るように心がけたい。

一夜漬け勉強の方法

もう少し具体的なやり方を説明しよう。

まずは夜中の11時までに翌日のテストまでに覚えないといけない項目や単語などを集める。

つぎにどの順番で何を覚えたら良いのかを整理整頓をする。

ここで整理するのは大切な情報だけだ、テストに出る重要キーワードだけをピックアップするようにする。

そしたら、その重要キーワードをなにがなんでも暗記する。この場合、忘れることを恐れてはいけない。とりあえず明日の朝までかならず忘れないということを自分に言い聞かせて必死で覚えるんだ。

勉強とは本来理解した上で頭の中に詰め込まないとほんとうの意味での勉強ができると言えない。

しかし、今回はそのような悠長(ゆうちょう)なことは言ってられない。

そしてあらかじめ決めていた夜の11時になったらすぐに寝るようにする。

翌日は5時起きにして昨日の夜に覚えたことを覚えているのかチェックをする。

夜に覚えたことだから早々に忘れている物ではない。これでかなり一夜漬けに成功したことを実感するはずだ。

朝に昨日覚えたことを確認する時には夜の勉強時間に整理した順番で思い出すためにすんなり思い出せるはずだ。

そして、その状態をテストまでもっていって一夜漬けして覚えた物をテストで吐き出すのだ。

一夜漬けで覚えた物は長続きしない

最後にこれだけは覚えておいてほしい。一夜漬けで覚えた物というのはテストが終わったあとにはほとんど忘れているということだ。

一夜漬けに効果的な暗記方法を教えてきたが、このようにやるとテストの点数だけは良い点数がとれたりする。

しかしほんとうの意味での勉強と理解力にはなっていないのだ。

一夜漬けの焦りに懲りて、毎日コツコツ勉強するようになることが一番大切だということを忘れないでほしい。

sponsoredlink