蛍光ペンの使い方、教科書にマーカーを引く時の勉強方法と注意点

sponsoredlink

蛍光ペンの効果的な使い方

教科書を読んでると、大事なところはアンダーラインを引いてチェックするよね。

だれでもこうやって教科書で新しいところを覚える時とか、重要なところを覚えるようにしていると思う。

でも、やたらめったらアンダーラインを引いて、後から見直してみて何が何だかわからなくなっているテキストをもっているひとを見かけることがある。

アンダーラインがたくさん引いてあると、後で見直した時にどこが本当に重要だと思って線を引いたのかわからなくなってしまうことがあるんだ。

また、下線を引いただけで満足してしまって、その重要箇所を覚えたつもりになってしまって結局あとで見直さないってい間違いもおこしやすい。

今回は、この蛍光ペンを使ってどうやって覚えたらいいのか効果的な使い方について説明しよう。

蛍光マーカーを使う時の注意点

蛍光ペンの使い方

蛍光マーカーを使うとき最初に気をつけてほしいのは蛍光マーカーの色だ。

本当にたくさんの色の蛍光マーカーが売られているからたくさん使いたくなる気持ちもわからなくもない。

でも、勉強する時に使う蛍光マーカーは2種類で良いんだ。

この2種類は自分の好きな色で良い。好きな色が決まってないのなら、黄色と赤色が良い。

ここで色には意味を与えよう、黄色は注意、イエローカードと思っても良い。赤色は警告、つまりレッドカードだ。

これらは最初に教科書を読む時にすぐにアンダーラインを書き込んではいけないんだ。

まずは教科書を集中して読むことに注意する、マーカーでアンダーラインを引くことは気にしない。次に自分がどんな情報が大切だったのかどこに注意して読むのかしっかりと把握して読み返す。

アンダーラインがたくさんになりがちの人はこの最初にどんな情報が大切か目的をはっきりしていないのが原因なんだ。

本当に必要な情報、本当に覚えないといけない情報だけにマーカーでアンダーラインを引くようにすること。

それは教科書を読んでいて重要な情報だけをキャッチしてあぶり出すことができる。そして再度読み返してみる時にも、何が大切だったのかがすぐにわかる。

また、再度読み直した時に思い出そうとして思い出せなかったならそれは警告だ。赤色のマーカーを使って二度と忘れないようにしっかりと教科書にきざみつけよう。

これからはただ、なんとなく教科書を読んでいるのではなくてどこが大切な情報なのかをキャッチしてそれをあぶり出して暗記すること、そのために効果的に蛍光マーカーを使えるようにしておこう。

sponsoredlink