勉強スケジュールを立てる時の目標の大切さについて、頭の良い人はどうやって勉強スケジュールを立てるのか

sponsoredlink

勉強スケジュールでライバルに差を付ける

頭が良くなりたいという人はたくさんいると思う。目指す試験で良い点がとりたいという人も、合格したいと思う人もたくさんいるよね。

でも、全ての人がその目標を達成できている訳ではない現実があるよね。

その違いってどこからくるのだろう?

じつは勉強ができる人とできない人の違いには大きな違いがたくさんあるのです。

今回はそのなかでも一番最初に誰もが立てる目標とそれを成功させるスケジュールについて説明したいと思う。

目標設定で大きく変わるスケジュール

まずどんな人でも勉強を始める時には自分で立てた目標ってものがあるはず。

ここを読んでいる多くの人はもう既に目標を持ってスケジュールの立て方を知りたいにちがいないからここを読み飛ばして次の章を読んでくれ。

目標がない人はちょっとだけ考えてほしい。

どんな勉強スケジュールを立てるのにも必ず目標というのは大切なんだ。

目標が必要なのは学生が勉強する時だけではなくて、スポーツ選手や会社だって目標を持っているんだよ。

大企業にはかならず会社をたてた企業理念(きぎょうりねん)というものがある。その中で社長がなんでこの会社をやろうと考えたのかが目標がかかげられているんだ。

「世の中を変えたい」とか「服を売って人を幸せにしたい」だとか目標がなければかならず途中で挫折するから道に迷った時の地図だと考えても良い。

大切な目標設定の段階

まずは目標を立てる時は目先の目標から立てるのか、大きな目標から立てるのか2つの方法があるよね。

ここではしっかり覚えておいてほしいけど、まずは絶対大きな目標から立てるようにしてほしい。

大きな目標で自分がなんでこれから勉強をするのかしっかりとした道しるべをつくるんだ。

その後に、ではその目標を達成するにはどうしたらいいのか?少しずつ区切っていって目先の目標へとおりてくるようにする。それが頭が良い人の勉強スケジュールの立て方だ。

たとえば、最初に大きな目標を立てるんだ。これは大きいほど良いけど、そこで注意してほしい。

本当に自分にとってそれが目標かどうか本当に自分にとって目指すべき目標かどうか自分自信に聞いてみる必要がある。

ほかの誰かではない自分自身に聞いてそれを目指したいのか聞いてみるんだ。そしてどうしてもそうなりたいと思うならそれを目指すためにスケジュールを立てていく、これが頭の良い勉強方法だ。

次に、その目標を目指すためには何をしないといけないのかを考えるこれが中目標だ。

ゲームで例えるなら、大きな目標は「ラスボス」で中目標は「中ボス」だこの中ボスも大きな目標と同じく、漠然としたもので良い。例えば、次に受けるべき試験とか模擬試験とか、中間試験とかだ。

目標達成は最後に1週間単位に区切る

さあ、とうとう中ボスまでの目標ができた、そしてこれからが目標設定に一番大切なスケジュールなんだ。

ここで覚えていてほしいのはスケジュールというのは最終目標から少しずつおりてきて計画を立てる。

そして最後に一番達成できる小さな目の前の目標をたてる。その目標は1週間くらいで達成できるものが良い。

では、ここでスケジュールの立て方をたとえてみよう。

大きな目標は「海外の大学で勉強したい」に設定したとする。

すると中くらいの目標は「英語で良い点をとる」「試験に合格する」などがあげられるだろう。試験に合格したり英語で良い点をとるにはどれくらいの勉強が必要なのかまずは調査してみる、そしてその目標を達成するまでに必要となる時間と勉強量をはかってみる。

すると、だいたいどれくらいの勉強が必要なのかがわかってくるはずだ、すると次に必要となるのがそれをどれくらいの量で達成するか小さな目標に刻むことだ。

小さな目先の目標としては「まずは英単語を1週間で100個覚える」になったとしよう。もちろん英単語だけではだめだ、ほかにも英文法も構文も必要になるかもしれない、しかしそれは自分ができる範囲で調整すれば良いことだ。

とにかく大切なのは大きな目標を目指すには、その大きな目標から少しずつおりてきて、小さな目標を達成していくこと。

小さな目標を達成したらきっと君のやる気と自信につながるはずだ。

勉強ができる人というのはそういう風に勉強を始めて少しずつ頭が良くなっているんだ。

sponsoredlink