TOEIC独学で高得点900点を目指すためのオススメテキストと問題集

sponsoredlink

厳選したテキスト

TOEICテストで高得点を目指すためには絶対無くてはならない厳選テキストを紹介します。

今回紹介するテキストや問題集は、TOEICで最低限取り揃えてもらいたいものばかりを紹介しました。

英語を勉強している人のよくある傾向で、本屋に行くとあれも欲しい、これもよさそうだ、などと思って

テキストや問題集をたくさん買ってしまうそういう経験はだれでも一度はあると思います。

実はぼくもそうでした。

インターネットでいろんなサイトをネットサーフィンしてAmazonなんかの口コミでこれはよさそうだと思わず衝動買いしていざ届いてやってみたら余り効果がなかったということが何度もあります。

だから、ぼくのブログを読んでる方にはそのようなことがないようにいろんな痛い目にあったぼくが厳選するテキストと問題集を紹介したいとおもいます。

TOEICお勧め問題集

TOEIC公式問題集

まずは公式問題集、これだけは何がなんでも買う必要があります。

公式問題集なんて公開されていたら二度と同じ問題が本番のTOEICに出ないんじゃないの?

なんて考えではいけません。公式問題集にはTOEICで出題される傾向の全てが凝縮しています。

逆に言うと、TOEICで勉強するのに必要な本をどれか1冊をあげろと言われたらぼくなら公式問題集を選びます。

そこまで言えてしまうほど、公式問題集はTOEIC受験者には必要な問題集です。

新TOEICテスト直前模試3回分」

次におすすめするのが「新TOEICテスト直前模試3回分」です。

直前模試と言うのは、本番形式になれるという意味では重要になってきます。

しかし闇雲に数多く勉強することだけがTOIEC高得点に結びつくというものではありません。

この本で提唱される3回チャレンジ法は制限時間内で問題を解く本番形式と見事に解説されています。

このルールに従ってどういったTOEICの本番対策が必要なのか自分なりに対策を練っていくことが必要になると思います。

ここで問題です。同じ本を何度も繰り返してしまうと問題の内容と答えを覚えてしまって、実際の実力がつかないのではないか?そんなこと考えてしまいますよね。

でも、それは違うのです。何度も繰り返すことによって覚えて欲しいのはTOEICのテストが出題してくる癖を見ぬくことです。

内容だけを覚えてしまったらなんともなりません。そうではなくてTOEICのもつ癖と見ぬくことがTOEICで高得点を取る方法となるのです。

極めろ! TOEIC(R) TEST ゴールド模試 1000

本来なら上で紹介した公式問題集2冊か3冊と直前模試だけで模試に関しては十分だと思っていたのです。

しかし、最近本屋で見つけて思わず買ってしまった本を紹介します。実はこの極めろシリーズはとても力がつくシリーズなので新刊が出るたびに買ってしまいます。

んーでも無理して買う必要はないかもしれません。

公式問題集を完全にマスターしたらそれだけでTOEICの問題を解くパターンはある程度取得していると見ていいと思います。

どうしても上に紹介した4冊で足りないのでしたらさらにプラスとして購入を考えても良いと思います。

TOEICリスニング攻略のためのおすすめ書籍

リスニング対策に効果的なテキストを幾つか紹介したいと思います。

TOEICのリスニングは聞き流すだけの勉強ではなかなか効果的な勉強にはならないことに注意が必要です。

「リスニング」というだけにしっかりと耳をそばだてて何が会話のポイントになっているのかを把握する必要があります。

パート2対策にもってこいのリスニング本

まずは神崎先生の有名なTOEICテスト出まくりリスニング(短期決戦の特効薬)から

こちらの本は神埼正哉先生のTOEICリスニング対策用の本です。

副題に短期決戦の特効薬と書かれているように短期で効果的にスコアアップを目指したいのならおすすめの本です。

パート2、3,4のリスニングセクションで出てくる頻出のフレーズを何度も何度も聞きまくれば、もうまたかよいいかげんにしろよ、と言いたくなるほど理解できます。

リスニングセクション攻略の一つに聞きまくることというのがあります。

この聞きまくるとはテクニックや戦略とは違いとにかくフレーズを体に染み込ませて反射的に解答する事務処理的能力が必要となる部分を補います。

それらを意識しながらこの本で勉強したらリスニングを苦手だと考えている人も必ず効果が得られるのではないでしょうか。

リスニングセクションパート3のおすすめ本

解きまくれ!リスニングドリルです。

イ・イクフンという韓国のTOEIC対策本です。

こちらの解きまくれシリーズは賛否両論ありますがぼくは問題なく良問が多いと思っています。

こちらの本はパート3とパート4を特訓したい人に何度も繰り返して苦手意識を取り払いたい人に効果的です。

リスニングはある意味体力勝負で苦手意識を克服するところがあります。そのためこの本は最も効果的ではないかなと思います。

また問題の質も高いと思います。よくあるTOEICに似せただけの会話ではなく本番の公式問題に近いように作成されています。

新TOEICテスト必ず取れる!山根式リスニング集中合宿

こちらの本はTOEICの名物教授である山根メソッドでの指導するリスニング方法が書かれています。

こちらの講義はとても丁寧に説明されていますので理解しやすいです。

TOEICで高得点を獲得するためだけでなく生きた英語の勉強にも使えます。

そのためTOEICの受験を卒業した後でも本格的な英語の使用に役立つことができるのでお勧めです。

TOEICでの絶対おすすめ単語集!

単語集を選ぶ時の絶対必要条件はCDが付いているものであること。

CDが付いて耳から記憶することが出来る単語集でなければ記憶の定着になりません。

今回はぼくがおすすめするTOEICで効果的な単語暗記のお勧め単語集を紹介します。

DUO3.0+CD

これは絶対におすすめです。

CDは絶対にセットだと考えてください。CDは応用編だけで基礎編は購入する必要はないと思います。ただし、基礎からしっかり単語学習したい方は基礎編もやる価値あります。

このDUOはぼくがわざわざおすすめする必要がないくらい多くの人が愛用していると思います。

でもこのブログを読んでいる読者の中にはこの単語集の存在を知らなかったり使いもせずにアンチDUOになっている方もいるみたいです。

ですが、ぼくとしたらこれだけは欠かせない単語集で幸運にも最初に出会った単語集として今でも思い出した様に聞き返すことがあります。

新TOEICTEST出る単特急金のフレーズ

言わずと知れたTOEICで高得点を狙うなら必要となる単語集です。

DUOで覚えた単語でカバーできなかった単語がこの金のフレーズが補ってくれます。

だから、単語集としては違ったものですが、DUOと金のフレーズはセットでTOEIC対策の単語集と考えても良いです。

CDは付いていないので耳からの学習はできません。

新TOEICTEST出る順で学ぶボキャブラリー990

990と量としては多くはありませんが、それだけ厳選された単語が選出されています。

とにかくこの本は無駄な情報は出来る限り排除してTOEICで効率的に点数をとるための単語が選ばれています。

全てのページをしっかりと読み込んで、単語の使い方派生語などもしっかりと覚えましょう。

TOEICテスト公式問題で学ぶボキャブラリー

これは標準的なレベルの単語集といえます。

公式問題集を参考にしているためにまとめ的に使うには良いと思います。

極めろ!TOEICTESTがに出る究極ボキャブラリー1000

上で紹介した単語集よりは難易度がやさしいのでこちらの方をおすすめします。イ・イクフン先生の極めろシリーズの単語集です。

DUOのような感覚で英単語を勉強することができます。

sponsoredlink