ほとんどの日本人には英語は必要ないは本当なのか?

sponsoredlink

多くの日本人は英語が話せなくても問題ない?

よくほとんどの日本人は英語を使って生活をしていないし、仕事でも英語は必要ないから英語だけを重視する必要はないという意見を聞きますがこれは本当だと思いますか?

ぼくはそうは思いません。

世界のグローバル化の波が縮小していき、日本が鎖国していくなんてことは絶対ありえないからです。

むしろ英語が必要になる機会はこれからドンドン増えるでしょう。

英語が話せること、英会話能力を習得するというのは、一朝一夕にできるものではありません。そしてビジネスの世界では常に能力の向上が求められるし、より実践的なものが必要とされます。

英語が必要なことは突然やってくる

でも、今すぐ英語が話せる必要もないし、毎日の生活に不自由していないという人もいるみたいです。

ただ、このような意見に対してぼくなりの意見を付け足すことを許されるのなら、英語が必要になる時というのは突然にやってくるということです。

今必要なくても、突然必要になる時がある、その時に英語が話せなければ、話せる人はいいなと手をこまねいてみていることしかできなくなります。

他にもある英語が必要な理由

その他にもどうしても英語力が必要なシーンとはいくらでもあります。例えば今この記事を読んでいるインターネットという空間、これは当然英語圏とも通じています。

英語で海外の情勢を読む、海外の一般の人達はこのニュースに対してどういう反応をしているのだろう、日本に対してどういうあこがれを持っているのだろう。

そういうことがリアルに読めるのがネットであり、英語であるのです。

ぼくは思うのですが、英語ができないとインターネットの面白さはおそらく半分以下に落ち込むと思います。

日本の情報だけで日本人同士と交流しているよりも海外の人と積極的に交流できるのがインターネットの世界ですから、英語の必要性というのはもっともっと感じることと思います。

英語は日本人に必要ないという人は英語を必要としてこなかった人が英語を必要としている人、あるいは英語ができることが楽しいってことに気づいている人を羨んでの意見だと思います。

あなただけでも、英語の楽しさを魅力を存分に味わうために、英語の勉強は今すぐにでもやることをおすすめします。

sponsoredlink