センター試験満点がTOEIC780点で合格証明となる大学受験制度改革

sponsoredlink

TOEIC780点がセンター試験の満点?

TOEICの780点を取得するとセンター試験が満点として免除されるというニュースが有りました。

この点数に関してですが、実を言うと、かなり妥当な点数なんじゃないのかなと思っています。

もうずいぶん前になるのですが、新聞に載っていたセンター試験の英語の問題を何気なく解いたことがありました。

時間を測ってやろうと思ったけど、思ったよりもスイスイ解けて結局20分で解けて一度も見直しをせずにそのまま採点したら満点でした。

正直驚きました。学生の頃あれだけ苦戦した英語のセンター試験でしたが、こんなに簡単な問題だったとは思っても見ませんでした。

これを世界的に人気のアニメドラゴンボールに例えるなら、まるで、フリーザにあれだけ苦戦を強いられたのに、人造人間シリーズに入るとトランクスがいとも簡単に倒してしまったみたいな感覚だと思います。

それだけ大学受験の英語というのは10代の頃に勉強をしたから難しかったわけで大人になると拍子抜けしたように簡単なものなのだと思います。

センター試験の英語を解いてみると良い

ちょうど今週末1月18日にセンター試験が始まります。

英語を勉強されている皆さんは一度センター試験の英語を解いてみると良いと思います。

センター試験の英語で満点が取れる人はおそらく800点以上の実力があると見てもいいんじゃないのかなと思います。

それくらいTOEICの勉強というのは英語の実力がつくと同時に学生英語からみたら比べ物にならないくらい難しい物を勉強していると思ってもいいでしょう。

逆にセンター試験の英語がちょっと難しく感じたり、間違える箇所があったり、制限時間いっぱい時間がかかる場合はまだまだ英語力がついてるとはいえません。

学生用の英語の勉強に戻る必要はありませんが、TOEICテストの受験も控えたほうが良いと思います。

センター試験がんばれ受験生

センター試験が本当に近づいていますね、受験生の時はあれだけ必死に勉強したけど、なかなか英語の勉強が上達しなかったのですが、大人になれば勉強方法さえ確立すれば簡単に英語力は上達します。

受験生も学生のうちに効率的に勉強する方法を学んでおくとのちのち必ず役に立ちます。

今はそういう情報をしっかりキャッチしつつ地道な勉強に励んでいくしか無いのかなと思います。

sponsoredlink