正確な文法を気にして英会話ができないなんてナンセンスと言う話

sponsoredlink

教養がある人は文法を大切にするが、しかし!

どうして日本人は英語の習得が苦手なのか?それは完璧主義過ぎて間違いを恐れるあまり積極的に英語を話そうとしないからだという指摘を聞いたことあると思います。

これは一度でもビジネスその他英語で討論しないといけない場所に出された時の日本人の典型的な反応ではないでしょうか。

ぼくの場合はこういうのは結構恥知らずなところがあって堂々と話しをしているのですが、その時は「ぼくの英語はたしかにひどいかもしれないけど、あなた達だって日本語話せないだろ?」みたいな気持ちではなししています。

でも、実際に討論相手の外国人に聞いても、ぼくの英語の文法が少しくらいむちゃくちゃでも「英語が母国語じゃないから当然じゃん」としか思わないみたいなこと言ってくれます。

でも注意したいのは使ってはいけない言葉遣いなどです。

時々、日本に来ている韓国人の留学生と話す機会があるのですが、彼が日本の若者が使う用語を頻繁に使用しています。若者特有の言葉で自分の中では日本語がここまで使えるということをアピールしたいのだと思いますが、聞いてるコチラはあまりいい気分がしないものです。

ですから、ぼくも英語を話すときは文法はむちゃくちゃでもスラングだけは口にしないように心がけています。

また「ら」抜き言葉を話している日本人に対してはちょっと教養がないことを感じるように、やはり英語を話している時はできるかぎり正確な文法で話すことは心がけるようにしています。

英語の文法よりも大切なもの

とにかくぼくが言いたいのは、文法はたしかに大切です、しかし、英語力を鍛える上で何よりも大切なのは相手とコミュニケーションをしたいという心です。

なぜ日本人は自分の考えを述べようとしないのか、なぜ自分の意見を発現することを戸惑うのか、理由はわかりませんがそれこそが英語でのコミュニケーションを阻害していることは確かなことだと思います。

ビジネスの分野で会話をしているときは文法の間違いなどほとんど木にしませんし、どんな人でも間違えます。でもそんなものほとんど気にしないで会話はどんどん進んでいきます。

そういう中で英語をツールとして活用することが求められているのに、文法が正確かどうかなど気にしている日本人はビジネスの分野でどんどん後れを取っていくことになると思います。

何よりも大切なのはコミュニケーションしようとする強い意志と物おじしない度胸です。

それが英語力を必ず鍛えるので英語の勉強以前のことだけどしっかり覚えておいてほしいことだと思います。

sponsoredlink