英語の勉強はインプット重視でいいけどちょっと注意してほしいこと

sponsoredlink

英語の勉強はアウトプットよりインプット重視

英語の勉強をする時、アウトプットを重視するべきかインプットを重視するべきかという事良く聞かれます。

当然ですが、英語の勉強はインプット重視しないとアウトプットできません。

インプットというよりも、まずは英語を自分の体に染み込ませるような感覚ですね、それが大切になります。

科学的に考えられた外国語習得のための教授法でもインプット重視をすすめています。

まずは浴びるように英語を聴くことが重視されます。

しかし、それではアウトプットは必要ないの?軽視してもいいの?と言うと話は別です。

最終的な目標はコミュニケーション能力ですからアウトプットができるようになることは最終目標と言えると思います。

しかし、急がば回れの精神で、流暢な英語でコミュニケーションしたいのならまず最初はインプットが必要になるということです。

英語学習にどれくらいアウトプットを入れるべきか。

インプットが重視だということは分かった、アウトプットもおろそかにできないことも分かった、それならどれくらいアウトプットに力を入れたらいいのか?との疑問がわくと思います。

インプットで勉強していてしっかり力が身についていることを実感できてもいざアウトプットとなったらまったく言葉が出てこないという経験はだれでもあると思います。

たとえばこれは英語の学習だけでなく日本語で本を読んでいても読んだ内容は理解しているつもりだけど、人からどういう内容だった?といわれて「あれ?どうだったっけ?」という、内容自体は理解したつもりでも話せないということはよくあります。

それは、その読んだ内容で外部の人とコミュニケーションをしようと考えていないことが原因と考えられます。

つまり、このようなことが起こるのはインプットしたものを最初からアウトプットすることを意識せずに勉強しているが原因と考えられます。

ここで大切になってくるのはインプットをしたものを必ず最後に一度まとめとしてアウトプットすることです。

アウトプットすることを前提に大量にインプットすることを心がけること、それが重要となってきます。

sponsoredlink