英語の学習するときのよくある誤解

sponsoredlink

英語の勉強のよくある誤解

英語を勉強しているともっと簡単な方法があるんじゃないかと思いいろんな勉強方法が気になってきます。

そしてよくある間違いなのが、できるだけ簡単に英語を習得しようと耳障りの良い言葉を信じてしまうことです。

これで逆に簡単に勉強しているつもりが実はどんどん遠回りの勉強へとなってしまうという逆効果が生まれてしまいます。

今回は英語学習者が陥りがちな英語学習の間違った考え方について語ります。

英語の勉強に文法は学ぶ必要ない

「文法は間接的に勉強するものでいちいち勉強する必要がない。」

「だいたい、日本語を学ぶ時に文法から学びましたか?」

という意見をよく聞きますがこの意見賛成ですか?反対ですか?

たしかに文法の勉強をしないで上達するのならこれ程嬉しいことはありませんよね。

勉強するのが無駄なら今までなんで勉強してきたの?って思います。

でもやっぱりちょっと待って、

たしかに、若いうちは文法だけをがっつり勉強しててもそれよりももっと速い上達方法はたくさんあります。

でももしあなたが忙しいビジネスマンだったらそういった文法以外の分野から英語を勉強する事ができますか?

聞き流すだけの英語レッスン?

いえいえ、それは考えが甘いです。

やはり、ある程度大人になってしまったら感覚的に英文法を勉強しようとするのではなくて、しっかりと論理的に英語を学ぶことは必要になります。

だから、わからないことがあるとできるだけ英文法の本をしっかり読むようにします。

そうしないとわからないものをわからないまま覚えこんでしまい逆に遠回りになってしまうからです。

海外生活で留学したほうが英語は伸びる

やっぱり海外に行かないと英語は全然英語力あがらないよね、

って言う人多いですよね。

でも英語の環境の中にいるからといって必ずしも英語力が上がるとは限りません。

じっさいにぼくも英語圏に留学したことはありません。

英語圏に留学することは羨ましいし友達ができればアウトプットもたくさんできます。

だからといって、必ずしも英語圏での留学が英語力の伸びのつよう条件というわけではないと思います。

どれだけ柔軟にして英語力を学習できるか。それが大切だと思います。

英語圏に留学してないからいまいち英語ができないというのはできない人の負け惜しみに近いと思う。

特に今のようにインターネットが発達している状況ではわざわざ海外にまでいかなくても英語の実力があがることは出来るものだと思います。

sponsoredlink