英語の実力の現状を把握するのにTOEICテストを使用してはいけない理由

sponsoredlink

TOEICテストは実力判断テストじゃない

英語の実力の現状把握にTOEICテストを利用してはいけないってどういう意味だ?

と今回のタイトルを読んで思われた人も多いかもしれません。

ただ、自分の実力判断のためにTOEICテストが開催されるたびに受験している人を多く見かけるので、そういう人たちを真似てTOEIC初心者の人が何度も受験しようと考えているのならそれは非効率的だから辞めておきなさいと思ったから書きました。

TOEICテストは何度受験しても実力は上がらない

TOEICテストは何度も受験しているとコツがつかめてある日突然スコアがアップすると主張する人を見かけたりします。

でも実際それは本当でしょうか?

TOEICのテストは試験を受け終わった後には試験問題を返却しないといけません。正式な解答も問題の解くポイントも解説もなにもないものに受験だけ受けたら受けっぱなしにしているテストで一体どうやって実力を上げることができるのか不思議です。

むしろ自分の実力の現状把握のためにコツコツと試験を受けている人に言いたいのはその受験方法は単にTOEICの運営の思うツボでしかなくて自分の実力判断には何ももたらさないと思います。

TOEICは一発短期で高得点を目指すべき

でもさすがに自分の実力を把握するためにも最初の一回目くらいは実力判断のために受けてもいいんじゃない?

そうお考えの人もいるかもしれません。

しかしぼくはそれにもNOと言いたいです。

なぜなら一番最初に実力だめしに受験したってたいした点数は望めないからです。

おそらく英語が苦手な人は200点とか300点じゃないでしょうか。自分は英語の実力があるとかTOEICの傾向は少しはしっているという人でもせいぜい600点だと思います。

そういう点数を取るくらいだったら受験のためのお金が無駄です。

でも、自分の実力を把握して今後どう言った勉強をして取り組んでいったらいいのかとは思いますよね。

そういう人のためにTOEICは公式問題集が有ります。

公式問題集にはだいたいの点数把握ができるスコアカードが付属しています。

ですのでTOEIC公式問題集を購入して一度TOEIC受験と同じ環境で受験して採点して自分がどれくらいのレベルにあるのか自分がこれからどう言った勉強をしていけばいいのか把握をしていったほうがいいでしょう。

現状分析と自分の英語力達成ビジョンは絶対大切

ここで注意してほしいことはぼくは自分の実力分析が必要じゃないと言っているわけではないのです。

その分析をわざわざ受験料を払ってまでTOEICの公式テストを受験していたらそれは全然実力にならないよと言いたいのです。

今の自分の何が弱点で何が足りないのかどのセクションを重点的に勉強すべきなのか現状分析とTOEICテストの傾向をつかむことそして高得点獲得のために対策を練るうことはもっとも重要なことであって、必ずやって欲しいです。

このブログでもTOEIC攻略のための勉強方法を各パートごとに説明しているのでしっかりと対策を利用して把握しておいてください。

公式問題集は何度も何度も繰り返して自分の本当の実力になるようにしっかりとものにして全部正解できてしまうくらいまで読み込んでください。

それこそがTOEICで短期で一発で高得点を取るための秘訣です。

sponsoredlink