英語学習のメンター”mentor”を早く見つけることがスピーキング能力向上の鍵となる

sponsoredlink

英語学習に必要な良き指導者

メンターという言葉をご存知ですか?IT系でベンチャービジネスをラウンチしようとしている時によく使われるのですが、ビジネスで相談できる良き指導者のことを指します。

あるいは、先にビジネスモデルを作り上げた先達ともいえます。

最初にビジネスモデルを切り開いた人というのはそれはもう並大抵ならぬ苦労をしています。何度となく失敗を繰り返して最終的な成功してビジネスモデルを獲得しています。

日本人の中で一番のお金持ちでユニクロの社長である柳井正さんなどの御著書にも「1勝9敗」というタイトルの本があります。あの柳井氏ですら多くの負けを経験して、数少ない勝ちを収めているのです。

そこからもわかるように多くの失敗の上で成功を収めている人というのは、なにをやったら成功してなにをするとダメなのか全て知っています。

この良き指導者と出会うことは効率的に成功をおさめることを目指すには非常に有効なことだと思います。

英語を学習する上においても同じことが言えると思います。英語を勉強することは他に多くの人達がさまざまな方法をトライして、どうしたら英語の勉強がうまくいくのか、どういうふうに将来英語を使えたらいいのかを試行錯誤を繰り返しています。そういう人たちを自分の目標として作り上げていくのです。

自分がなりたい将来の自分をイメージする、そしてそのイメージに近づけるように一歩一歩努力する。それが最終的な目標となり自分が求める具体的な完成形となるのです。

本当なら身近な人でメンターをみつけてその人の背中を追いかけるように英語学習を進めていくのが効果的なのですが、そういう恵まれた環境にいることはなかなかありません。

あなたの職場の上司や学校の教師にその役割を担える人がいそうですか?英語学習にはメンターとなる人を早くみつけるのも大切です。周りを見回してよく観察してメンターを見つけ出してみてください。

もし現実社会にそういう人を見かけないとしても、ネットの世界とか、映画の世界でもこういうなりたい自分があるから英語を勉強するという具体的な目標をもつのは英語学習をする上においてとても大切なことだと思います。

sponsoredlink