語学留学経験者が語る成功する海外留学失敗する留学の違い

sponsoredlink

英語を勉強している人にとって海外留学というのは一つの憧れだと思います。

一度は自分が学んでいる海外で生活してみたい。自分の学んでいる語学がどれくらい使えるのか試してみたい。

そういう考えを持っているものだと思います。

しかし、ただ漠然と憧れを持っていても、実現しないまま終わってしまう人が多数であったり、失敗してしまう人も多くいます。

ぼくは語学留学は行ってよかったと思っている身から、失敗する人と成功する人の違いについて書いてみたいと思います。

最初のプランの大切さ

海外留学を考えている人が最初に考えるべきことは、自分は留学で何の成果をあげたいのかということです。

留学が終わって日本に帰ってきた時に、どんな「結果」を残したいのかを考えることです。

この結果を目指さないかぎり「遊び」が目的の留学と思われても仕方ないと思います。

たしかに、遊びが目的の留学も悪くありません。

大学時代の思い出つくりに異文化体験に海外にいる友達をつくるという意味でも大切なことだと思います。

しかし、それが目的であれば、意外と日本の大学でも、あるいは観光旅行でも体験できるものだと思います。

「留学」という学問をベースに考えるなら最後に上げる成果を最初に考えてみるのも良いと思います。

語学留学に長期は必要ない理由

海外留学を考えている人でも、その大学で学位取得を考えている人は少ないと思います。

多くの人は1年位の語学留学が目的ではないでしょうか。

ここで注意が必要です。

多くの人は1年間語学留学を選択しています。

しかし、よく考えて欲しいのですが、語学留学に1年間も必要でしょうか?

逆に学位取得を目指しているのであれば、1年間では短すぎます。

学位取得は目指さないけど、異文化体験もできるし海外経験も友だちもできそうだからという理由で、1年の語学留学を選んでいないでしょうか。

ここが語学留学の落とし穴です。

海外留学成功する人失敗する人

はっきりいいますと、語学留学に1年間も必要ないです。

思い出つくりとか、親がお金持ちでお金を出してくれるのだからという理由でしたら、別に止める権利もありません。

しかし、多くの人は最終的な結果を得るために留学を考えるのだと思います。

日本で大学に入学するのに、最終的な結果が「友だちをつくるため」「思い出つくりのため」「大学生活を経験したいから」そんな理由で大学進学を決める人はいないと思います。

それと同じように語学留学も、遊びや思い出つくりだけのためにいくのでしたらお金が勿体無いのではないのかなと思います。

日本で結果を出せない人は海外でも結果を出せない。

決して安くない費用を使って海外まで留学に行くのでしたら、なにか成果を上げたいものです。

それが、

「学位取得のため」

だったら、すごいと思います。海外でしか学ぶことのできない最先端の技術を身に着けて日本で紹介すること、遣隋使以来日本がしてきた舶来思想の輸入を独自で行っているようなものです。

でも、多くの人は学位取得はハードルが高いと思います。

企業に入社してから会社の経費で留学する人たちがやっとできるものだったりもします。

それなら、やはり、語学取得と現地の人との実践的コミュニケーション能力をあげることが目的になるのではないでしょうか。

それなら、断然、短期での留学をオススメします。

ぼくがこのブログで何度も何度も強調しているように、語学の勉強とは短期でスパっと結果を出すことこそがたいせつです。

語学留学も短期間で明確な目標を持ってしっかりとその成果を身につけることを心がけて勉強することが必要となります。

いまから海外留学を目指している人に、少しでも役に立てばと思い書き留めました。

sponsoredlink