韓国人や中国人の英語コミュニケーション能力が日本人よりも優れているのか?

sponsoredlink

韓国人や中国人のほうが英語ができるのか?

日本人の英語はヘタで苦手で仕方がないとか、日本人の英語は全然コミュニケーションにならないなど、ちょっと日本人の英語に対してひどい評価を聞くことがあります。

実際、そういう質問が多くて日本人はどうしてアジアの人、特に韓国人や中国人よりも英語ができないのか、と聞かれたりします。

それは本当なのでしょうか?ぼくたち日本人は中国人や韓国人よりも英語ができないものなのでしょうか?

それは違うと思っています。

英語ができないのではなく日本人の性質

実際にアジアの人の英語というのはどこもそれほど違いがあるというわけではありません。

その国出身の独特のアクセントやイントネーションがあり、どれも聞き取りにくいといえば聞き取りにくいです。特にインド人の英語は聴きとるのに本当に苦労します。

でも、そういうアジア人の人たちと日本人の大きな違いがいくつかあり、それがコミュニケーションの成立に支障をきたしていると感じる面がいくつかあります。

その1日本人英語は完璧主義を目指しすぎる

日本人は英語を話すと気に完璧主義を求めすぎている。

これは本当にあると思いますし、このブログを読んでいる皆さんも気づくことがあると思います。

特に発音に関してはアメリカ人の発音だけを理想型と考えてその発音ができないことに非常にこだわりを感じています。

でも、他のアジア人、中国人や韓国人、インド人の英語を聞いてみてください。彼らは英語の発音ができないことに関してはほとんど恥じらいを感じていません。

堂々と自分のコミュニケーションのためのツールとして他の外国人たちと会話をしています。

それに引き換え日本人の英語の会話はアメリカ人英語の発音を気にしすぎて間違えることに恥を感じるのか、何かいまいち主張が足りないことを感じます。

これが日本人が海外で英語でコミュニケーションできない理由の一つではないのかなと思います。

その2英語で説明することをしようとしない

英語で説明することをしようとしない。

これはあまり日本人が気づかないことなのかもしれませんが、僕達日本人はどうしても相手のことを察してあげる、空気を読んであげるということが多いです。

そのために、あまり自分が今何を考えているのか説明をすることをしなくても相手はわかってくれることが多いと思います。

しかし、海外に行くと相手が察してくれるとか、何も言わなくても理解してくれるということはありえません。

むしろ、自分の行動に対して理由があることはできるだけ説明したほうが相手とのコミュニケーションが成り立つということが多くあります。

例えば、何か頼まれて断るときもNo Thank you だけで済ませてしまうのではなくて、その後にBecause と自分がなぜお断りしたのか説明をして相手を納得させないと変な人扱いを受ける可能性があります。

この日本人同士なら察してあげる、空気を読んであげるような行動様式に関してもやはり、海外の韓国人や中国人との間と日本人のコミュニケーションの違いがあると思われます。

日本人の英語コミュニケーション能力がどうあるべきか

つまり、長々と書いてきましたが、日本人が語学能力的に他のアジア人よりも劣っているとかコミュニケーション能力がないとかは全然思っていません。

努力が大好きな日本人ですからきっと英語力に関しては他のアジア人よりも能力が高いとも言えるかもしれません。

しかし、日本人的な特徴である、完璧主義を目指すあまりに間違えたら恥ずかしいと思う感覚、それから、コミュニケーションをはかる必要があると気に、これくらいは理解してくれるだろうと勝手に解釈して説明をしない行動様式、そういったものがじつは大きくコミュニケーションを阻害しているのではないのかなと思います。

日本人はもっともっと堂々と発音して何が何でも説明する市政っていうのが大切なんじゃないのかなと思っています。

 

sponsoredlink