TOEICスコアの有効期間は2年間でそれ以前の点数は履歴書に書けないの?

sponsoredlink

再発行の有効期間が2年間

TOEICの有効期間は2年間であって、2年以上前のスコアは使用できない。

そいういう発言をよく聞きます。

しかし、これは間違いです。

公式認定証の再発行の有効期間が2年間というだけであってスコアの有効期限が2年間というわけではありません。

http://www.toeic.or.jp/bridge/guide04/guide04_04.html

履歴書に書いてもいいのが2年以内じゃないの?

よく、再発行期間が2年以内なのだから履歴書に書いても良いスコアは2年じゃないの?という人を見かけます。

しかし、これも間違いです。

何年前のものでも一度取得したTOEICのスコアはいつのものでも使用可能です。5年前に取得したTOEICのスコアでも堂々と履歴書に書けばよいです。

ただし、会社によっては英語が使用できる即戦力を必要としている会社があります。また、現時点での英語力を見たいという会社もあります。そのような場合最近取得したスコアのほうが好まれる可能性があります。

5年前に取得したスコアでそれ以降に英語にまったく触れていなければ英語力は確実に落ちていると思われます。

そのような場合には、就職の面接などで5年間のブランク期間に英語に触れていたかどうかが聞かれることがあると思います。つまり、即戦力として使えないと判断されるリスクも有るということです。

結論としては何年前のものであろうと公式認定証があればそのスコアを履歴書に書けばよいのです。

5年前に900点で最近700点に落ちた場合

5年前にTOEICを受けて900点オーバーの点数をとったけど最近久しぶりに受験してみたら700点だったけど履歴書にはどちらを書けばよいのか?

そのような場合は、堂々と5年前の点数の900点を書けばよいです。

5年前は900点だったのでそれは嘘ではありません。

就職の面接時に「最近のスコアはいくつですか?」などと聞かれることがあった場合に、正直に700点だったと答えても良いし、「最近は受験してないのでスコアはわかりません」と久しぶりのTOEICので調子が出なかった700点のスコアは無視して無かったことにしてもよいと思います。

ただし、会社によっては「では最新のスコアを提出してください」と現時点でのスコアを必要とする場合もあるかもしれません。そのような場合次のTOEICのテストまでに5年前の実力に戻せばよいと思います。

覚えておいて欲しいのは、今ここで書いたことは別に法律違反でも公序良俗に反する行為でもないのです。

TOEICのスコアとは絶対的な英語力の基準であるわけではなくて民間の業者がつくったテストによる記録でしかない。ということです。

ビジネスに必要な物はもっと違うものです。

英語はそのビジネスに使うためのツールに過ぎません。

TOEICのスコアなどはその英語をツールとして使うビジネスのさらにツール、実力をはかるための道具です。

就職したい会社で誰よりもアピールするためにも少しでも自分にとって有利に見せるのは当然の行為です。

5年前に取得したTOEICのスコアでも堂々と履歴書に記載すればよいのです。

sponsoredlink