TOEICテストで高得点を短期間で狙う人の体力づくりとトレーニング

sponsoredlink

結果を出すTOEICの勉強

TOEICと体力づくりというタイトルを見てどう思われましたか。

さすがに、TOEICの高得点と体力づくりなんて関係ないよなんて考えた人も多いかもしれません。

しかし、結構まじめに語っています。

ではここで質問です。

脳科学で脳を活性化するのに運動が大切だということは聞いたこと有りますよね。

そうです、脳と運動は関連していて軽いジョギングをしただけでも前頭葉が活性化して記憶力などの勉強にも影響をあたえることはよく知られています。

では、軽い運動を取り入れながらTOEICで高得点を目指すこととまったく運動をせずにTOEICテストを受けることはどちらがTOEICの高得点に良い影響を与えるでしょう?

もちろん答えは簡単ですね、運動を取り入れたほうが良いのです。

本気で短期間での高得点を目指すのなら少しでも効果がある方法を取り入れることが大切です。

TOEICに必要なおすすめトレーニング

体を鍛えると言ってもまずはTOEICテストを基準に考えます。

TOEICテストは2時間の試験です。この2時間の試験は他の国家資格などと比べてみたらそれほど過酷な試験と言うわけではないかもしれません。

しかし、初めて受ける人にはメンを喰らう部分もあります。

まずは、何よりも少しも集中力を切らしてはいけない

少しの聞き逃しでそこが試験のポイントとなる場合があります。

そのために鍛えなければならないところを重点的に勉強していくことを心がけます。

1.ジョギングなどの有酸素運動

ジョギングは何よりも体作りの基本となります。

また有酸素運動は前頭葉や大脳皮質を刺激し活性化するため記憶力を司る中枢にも影響を与えます。

一日30分ほどで構いませんので
生活の一部に必ず有酸素運動、ランニングやウォーキングでも構いません取り入れるようにしてください。

これは6ヶ月でTOEIC点数を上げるのに必ず必要となります。

 2.反復横跳び

ジョギングをした後はぼくは毎回反復横跳びも取り入れていました。

反復横跳びは反射神経を研ぎ澄ますのに効果的です。

ジョギングが終わった後などに最後の仕上げとして反復横飛を30回3セットくらいがよいでしょう。

 3.スクワット

ぼくの場合スクワットはトレーニングジムで取り入れていました。

しかしTOEICの学習のためにトレーニングジムに通うのも大袈裟です。

ですから、自宅で負荷をかけずにスクワットするだけでも効果的だと思います。

これはTOEICは2時間の試験で座ったままの試験です。瞬発力が必要なことと、決まった姿勢でパッパッとマークシートに記入する必要が出てきます。そのために、体の体幹づくりに必ず効果を発揮します。

以上見てきたように、TOEICのテストで高得点を上ることと体力づくりは一見関係がないもののように見えますが、必ず効果の現れるもののひとつです。

ここを疎かにして6ヶ月でのハイスコアは無いと思っても過言ではありません。

一度騙されたと思って6ヶ月だけでもつづけてください。

sponsoredlink