TOEICリーディングを劇的に点数を上げる解答テクニックこれだけやれば高得点

sponsoredlink

リーディングセクションパート5の解答テクニック

readingセクションの一番最初に手を付けるパート5の解答テクニックを説明したいと思います。

TOEIC熟練者の中にはリスニングセクションが終わったらパート7から手を付ける人がいるみたいです。

そういう手法を取る人に聞いてみると、時間削減になるとのことしかし、余程のことがない限りやはりリーディングセクションに移行したらパート5から手を付けるのが無難だと思います。

パート5はパート1で説明文が流れている時にある程度手を付けて置いたほうが後々かなり時間の削減になります。このパート1のテクニックは必ずつけておくようにしてください。

パート5をどれだけ素早く解答できるかが後にパート7の攻略に生きてきます。必ずパート5はてきぱきと解答できるようにしておいてください。

パート5攻略のための基礎体力づくり

パート5の攻略は簡単な目安だと思っています。

目安というのも、パート5ほどどれだけ勉強したかがすぐに結果としてあらわれるパートだという意味です。

勉強したら勉強しただけ直ぐに結果にあらわれるのがパート5と思います。

そこでまず一番で勉強して欲しいのがボキャブラリーですねとにかく単語を覚えられるだけ覚えて欲しいけど、当然ですが、むやみに数だけ覚えてもいけません。

TOEICのテストに出るところだけ選んだ単語を覚えてください。

単語の暗記の仕方に関しては次の機会に簡単に暗記する方法を教えます。

パート5具体的解答テクニック

もう少し突っ込んだ具体的解答方法について説明したいと思います。

パート5のやり方は2つあります。

ひとつは問題文を読んでから選択肢を探すタイプもうひとつは選択肢を先に読んでから問題文を読むタイプ

これをどちらの方法でやるべきかといえば、先に選択肢を読んでから問題文を読む方法を選ぶべきです。

これは問題文の読解のスピードをあげるためにも是非取り入れて欲しいテクニックです。

問題文を全て読んでから選択肢を探す方法を取るとついつい全体の文章を把握しようとしてしまうことになり一番大切な時間をとられてしまうことになってしまいます。

TOEICは時間との戦いもあるということを忘れないでください。時間さえあれば解けるのにというのはいいわけに過ぎません。

少しでも時間を節約できる分野があれば、すぐに節約するそういうテクニックは必ず高得点をとるためには必要になるのです。

また、問題文にはパターンが有ります。それは違う記事で詳細を書きますが、問題文のパターンをどう攻略するかでどれくらいの秒数をかけるのかが決まります。

それをみて瞬時に判断しないと応えられないと思ってください。

とにかくこのパート5は時間をかけてとこうと思えば誰でも解けてしまいます。そのためにじっくりと時間をかけて解いてしまう人がいてその結果パート7の点数の伸び悩みということになる人がいます。

これでは本当にもったいないです。

パート5は訓練すればだれでも得点できるパートであるので
とにかく時間を意識してスピードをあげる練習をするよう心がけてください。

真面目な話、マークシートの塗りつぶし一つをとってもスピードアップを考えることが出来るはずです。先の尖った鉛筆は使用しないで太めの芯で2往復以内で記入する練習も必要となります。

そういう細かいところから少しでも点数をとることが短期で高得点を狙うのに必要となることを覚えておいて欲しいです。

TOEICパート6の解答テクニック

リーディングセクションパート6に関しては、パート5の語彙力や文法力のテストからパート7の長文速読テストへの行こうのための一つの緩衝材のようなテストだと思っています。

もちろんそれはおろそかかにして良いという意味ではありません。

語彙力のテスト的要素もあれば長文読解の要素もあるそれらを速読して解くという意味でどちらの特徴もよくつかんだ上で攻略方法を練っていく必要があるという意味です。

このパートを苦手にしている人も多いですが、たしかにやっかいなパートであります。

パート6の基本的解き方

ここでは、パート6のパターンにわかれた細かい解答方法ではなく基本的な全体に通じるパート6のパターンの把握の仕方を説明します。

基本的に考え方はパート5と同じと考えて良いと思います。

パート5と同じということはこのパートで時間をとられてはいけないとにかくスピードを意識する。そして、どのパターンの解答方法なのかを瞬時に判断する。

これらをパッと見て判断して解答する方法をとることになります。

1番最初にやるべきことはパート5の攻略法と同様に選択肢を確認することです。

そこで選択肢が品詞や関係代名詞だったらすぐに答えられる問題だ全体を目でみて把握することを考えながら瞬時に前後の脈絡から最適な肢を選ぶ

ここでパート5と違うのが語彙力が問われる問題がやっかいなところです。

なぜなら、パート5なら語彙力が問われる問題は素直に語彙を選べばよかったのだがパート6になると全体の文脈を把握した上での選択が必要になる場合が多いからです。

全体的に長文のパート6ですが、このようにちょっと引っかかるとすぐに時間を取られてしまいます。スピードこそパート6のもっとも重要な要素であることを忘れていつの間にか時間だけが過ぎて、こんなに時間をかけたのだから正解しなければとかじりついてしまうことがあります。

しかし、それこそがパート6の落とし穴です。

ここで練習すべきことは分からない問題はわからないんだと見切りを素早く付ける練習時間を優先して次の問題に移行する練習も必要です。

満点を目指しているのではない限り完璧主義はさっさと捨ててください。

大切なのは高得点をとるためにできない問題には早く見切りをつける練習です。それだけでも高得点は目指せるのです。

パート6は高得点を目指す人にとってやっかいなパートとも言えるでしょう。このパートをうまく処理できるようにならないといつまでたっても600点台700点台で足踏みをしてしまうことになりかねません。

できない問題に時間をとられすぎること無く瞬時に判断することを意識してください。

TOEICパート7の解答テクニック

TOEICリーディングセクションパート7はTOEICテストの最後の大ボス、そう考えている受験者も多いと思います。

しかし、大ボスの割には攻略は他のパート程難しいわけでもなく、しかも攻略すればかなりの高得点が狙えるという意味では攻略しがいのあるパートと呼んでも差し支えないです。

つまり、パート7は少しテクニック的なものを覚えたらだれでも得意パートとすることも可能なパートです。

ぜひこのパートを得点源と出来るようにしっかりと練習をしてほしいと思います。

基本的なリーディングセクションパート7の構え方

では、前置きが長くなりましたが、パート7の基本的攻略法を説明しておきたいと思います。

今回は基礎的なパート7の解き方作法をさらっと説明するので今後このパート7を解く時の一つの目安として考えてもらえば結構です。

まずは、パート7は大きく別けてシングルパッセージとダブルパッセージに分けられます。

このシングルとダブルとは要は簡単に言うと一つの資料から解答するのか2つの資料を見比べて解答を探しだすのかの違いです。

そういうとシングルは容易でダブルは難しいと思いがちですが、それほど単純なものではなくて、実はダブルの方が要領を得れば複数設問がある分だけ得点源としやすいという傾向があります。

ですから、ダブルパッセージに苦手意識をもつのではなくてダブルパッセージはスコアを稼げるおいしいパートだと喜びながら解いていくのが一番よい攻略法だと思います。

まずはパート7は最初に設問を読み選択肢から瞬時に長文にだいたいどのようなことが問われているのかを把握する必要があります。

また設問から内容を把握した時に英文を目で流し読みしていくことが必要になります。

この流し読みしていく感覚はとても大切でこの流し読みをつかめるとある程度の速度と効率化を持ってパート7で高得点をとることが可能となります。

また、パート7の英文にはシングルパッセージの場合は「手紙」なのか「広告」なのか「フォーム」そのパターンによって対策も変わってくる、逆に言うとそれらに対応できる解答法を練れば良いことにもなります。

ダブルパッセージの場合はメールとその返信なのか広告とそれに応じたメールなのかそのようなパターンが有りますが、その設問には多くの形式化が可能です。

問題慣れをするという意味でもそのパターンにはどのようなものがあるのか問題作成者の立場に立って最初から考えてしまえばそれは解答時間がおもしろいように削減できスピードアップにつながります。

もう少し具体的に突っ込んだ解答に関しては次の機会に書きます。

sponsoredlink