秘書検定の試験日などの情報と勉強方法

sponsoredlink

秘書検定の資格は就職に有利になる資格のうちの一つだ。

秘書検定は当然であるけど女性が多く受験するが受験資格に性差はなく男性も受験可能ってのが驚きだ。

秘書検定試験情報

申込期間(年3回) (第1期)4月〜5月(第2期)9月〜10月

(第3期)12月〜翌年1月

試験日 (2級と3級)6月下旬・11月上旬・2月上旬(1級・準1級)6月下旬・11月上旬
受験料 (3級)2600円(2級)3800円

(準1級)4900円

(1級)6100円

受験地域 (筆記)全国各地(面接)札幌、仙台、新潟、東京、金沢、名古屋、大阪、高松、広島、福岡、宮崎、鹿児島、那覇
合格率 (3級)70%(2級)59.2%

(準1級)30.4%

(1級)39.9%

秘書検定の評判や資格取得メリット

秘書検定の知名度はバツグンでそれだけ就職や転職にとても有利になる資格と言われている。

この資格を取得することで学べることは、社会人になってから必要となるビジネスマナーや常識をしっかりと身に付けることができると言われている。

そのため、この資格をとるために勉強をするだけで合格しなくてもその知識は社会に出てから役に立つんだ。

履歴書に書けるのはもちろんだけど、それを持っているだけで応用次第でビジネスプレゼンや接遇などにも活躍できるのが特徴だ。

一般企業ならどんな業種での役立つだけでなく、公務員などの就職にもメリットとなるだろう。

秘書検定の資格のポイント

秘書検定は1級・準1級・2級・3級と分かれている。

3級から順番に受験するのが無難と思われるけど、高校生ならともかく社会人や短大生だったら3級よりも最初から2級や準1級、あるいは1級を目指すのが良いと思う。

勉強の方法は主に通信教育が一番良いと言われている。

レックだと1級は約4万円、通信教育のユーキャンだと35000円だ。

勉強に必要な期間

勉強に必要となる期間は勉強慣れしている学生だったら2ヶ月くらいを目安にした方が良い。

でも、勉強から遠ざかった社会人なら4ヶ月くらいを見積もれば良いと思う。

合格率から判断しても一番難しい1級でも39.9%だ。

つまり3人に1人は合格できる試験なので他の資格試験と比べて特別難しいということはないと思う。

ただし、逆に言うと3人に2人は不合格なので油断はならない。

しっかりとした試験対策が必要となる。

秘書検定資格勉強方法

資格試験を勉強するとき一番大切になるのは公式テキストだ。

まずは公式テキストを購入して過去問を解いてみよう。

それに模擬テストも何度か受験する必要がある。

それらを効率よく勉強するために一番良いのが資格の学校でぼくならユーキャンによる通信教育をお勧めする。

sponsoredlink