資格は収入アップにつながるか?

sponsoredlink

資格と収入

資格でお金を稼ぐことは可能か?

資格ブームとも言われています。

大学生以上になると自分のスキルアップやキャリアアップに資格を目指す人が増えてきています。

資格はその人が持つ能力の証明であって最低限度のスキルがあることを資格が担保してくれます。

だから資格を持っていると就職や転職、また独立して開業することもできます。

でも資格には民間の資格から国家資格まで様々あってどれが自分にあったものなのか探すのも大変だよね。

収入アップにつなげることができる資格にスポットを当てて紹介してみたいと思う。

収入アップを目指せる資格

資格といってもどれもがすごいというものではありません。

資格には民間が作った資格や趣味を生かせる資格等があり、国家資格のように法律で定められていて独占業務がある資格もあるんだ。

ここでお金を稼ぐことができる資格というのは主に法律などで定められて独占業務がある国家資格が有効だということを覚えておいてほしい。

国家資格にはどのようなものがあるのか

法律で定められている国家資格には弁護士の資格や税理士の資格など一度は聞いたことがあると思われる資格から、宅建だとか弁理士とか土地家屋調査士などのあまり聞いたことの無い資格なんかもあるんだ。

比較的簡単にとれると言われている資格には宅地建物取引業主任者の資格いわゆる宅建と呼ばれるものや行政書士などと言われるものが有名だ。

これらの資格にはさまざまな与えられた権限があり、その資格を持っている人しか業務としてやってはいけないと決められているから資格を取ることが収入に結びつきやすい。

だから、将来的に自分が何をやりたいのかを考えながら資格取得を目指してみるのが良いと思う。

資格取得でどれくらい稼げるのか

資格を持ったらどれくらいお金を稼げるのかは大変興味深いよね。でもここで覚えておいてほしいのは、かんたんに取れる資格だからお金が稼げなくて、むずかしい資格だからたくさん稼げるという訳でもないんだ。

たとえば国家資格の中では比較的かんたんに取ることができると言われている宅地建物取引業主任者の資格。

こちらは不動産業を営む人には必須と言われている。あと銀行で働く人もこの資格を持っていることが多い。

不動産業というのは土地を扱う仕事だけに動かすお金も非常に大きい。だから不動産業を営んでいる人で宅地建物取引業主任者の資格をもっているひとはかなりお金を儲けている人が多いんだ。

逆に弁護士の資格は難関資格といわれて弁護士になるにはすごい時間の勉強が必要になるのだけど、最近では弁護士さんの数が増えすぎてしまって資格を持ってたら必ずお金を稼げるというわけでもなくなったんだ。

これは大変なことだよね。一生懸命勉強してせっかくとったのにお金を稼げないのならそれまで努力した時間が台無しになってしまう。

国家資格は独占業務があるから計画をねって頑張れば必ずお金を稼ぐことができるすぐれものだ。

しかし、自分に合った資格なのか努力した時間に対してお金を稼ぐことができるのか、そういう視点からも資格を選ばないといけない。

だから資格選びはまず受験する前にじっくり慎重に考えて取り組むことが大切だ。

国家資格がどれくらい稼ぐことができるのか、一般的に言われている年収について書いておこう。

ここはあくまでも一般的な年収で稼げるかどうかはその人の能力によるってことが大切だ。

弁護士:平均年収1000万円

税理士:平均年収700万円

司法書士:平均年収800万円

行政書士:平均年収500万円

宅地建物取引業主任者:600万円

ファイナンシャルプランナー:500万円

 

sponsoredlink