普通の人が難関資格試験に合格する方法

sponsoredlink

普通の人が難関国家資格に合格できるか

「ぼくみたいな普通の人間が難関国家資格なんてムリムリ」

そんなことを言ってるの良く聞くよ。

これってちょっとおかしな話なんだよね。難関国家資格に合格してる人って言うのは実はみんな普通の人なんだ。

普通の人が勉強をしっかりしたから難関資格に合格したのであって、何も特別な人たちじゃないんだ。

だから難関国家資格を目指している人も最初からあきらめてはいけない。

大切なのは自分にだってできるというやる気があるかどうかだ。

普通の人が合格を目指す勉強方法

難関国家資格に合格している人がみんな普通の人だからといってだから、普通の人が普通に勉強していたら合格するというかというとそうではない。

やっぱり普通の勉強で合格できるのだったら「難関」国家資格なんて言われない。

やっぱりすごい勉強をしないといけないんだ。でもそれは効果的な勉強をするべきという意味であって何か特殊な勉強をしようと言っている訳ではない。

資格にはそれぞれ特徴があってその特徴をつかんで合格するための勉強方法をつかんでいたらきっと君でも合格する。

だからここで難関国家資格に受かるための勉強の研究の仕方を知っておいてほしい。

難関国家資格の勉強方法

資格試験にはその資格ごとに特徴がある。

でも面白いことに難関国家資格にはどの資格にも共通する特徴があるんだ。

それさえ知っていたら合格が一歩近づくという特徴だ今回はそれを覚えておいて欲しい。

その特徴の一つが100点を目指す勉強をしてはいけない。というのがある。

小さい頃から僕たちは100点をとることが一番の目標だと思ってきた。一番の目標を目指したらきっと優れた成果が出せるのだと暗黙的に信じてきた。

でも、資格試験のための勉強は100点を目指す勉強をする人は必ずと言って不合格になるんだ。

それは資格試験というのが合格させるための試験でなくてどれだけ人を落とすかというのが課題の一つだからだ。

誰もが頑張れば100点を目指せるのなら誰だって100点を目指したい。でも全員が合格したら資格の価値がなくなってしまう。そのために絶対誰も解けない問題をいくつか作られる。その解けない問題を解くために努力する時間というのは全く無駄なんだ。

解けないために作られている問題を解けるようにするのは不可能と言って良い。だから解ける問題だけを効率よく勉強する。

この効率よく勉強するというのがとても大切になることなんだ。100点を目指さない勉強、その試験の特徴をつかんで合格点ギリギリで合格するために効率的に勉強することそれが難関国家資格で合格するための勉強方法だ。

sponsoredlink