地元の国立と東京の私立大学就職に有利なのはどちらか

sponsoredlink

大学選びで悩んでいる高校生や浪人生は多い。

たしかに、大学選び一つでで就職に大きく影響を受けるというのは事実だ。

だから、大学選びは自分の学力と照らし合わせて慎重に選んでほしい。

大学選びはひとりひとりが自分にあった大学を選ぶということが大切だ。

しかし、今回は一般的に大きなくくりとして地元の大学を選ぶべきか東京の大学を目指すべきかといったカテゴリーで僕の知っている話を進めてみたい。

地元の大学と東京の大学の違い

地元の国立大学と東京の私立大学などでは知名度では全国的に見たら東京の私立大学のほうが有名だろう。

地元の国立大学などは全国レベルで見ると旧帝国(俗に言う宮廷)大学でない限り、駅弁大学と呼ばれたりして馬鹿にしてる人もいる。

しかし、それは一般社会レベルの話で現実の就職といったら地元の大学と東京の大学ではその特色の違いが鮮明になるんだ。

地元の国立大学を選ぶ就職のメリット

地元の国立大学を選ぶとき一番有利になるのはなんといってもその地元での知名度だ。

驚くことだけど、卒業生の多くが地元で就職してそれなりの社会的地位を得ている。

特にそれは公務員の就職にも現れている。

地方公務員の選抜方法が地元を有利にさせるかどうかについて決定的な証拠はない。

だからこれは公務員の人や就職関係者に聞いた噂レベルでしかないけど、やはり、地元の公務員はその地元の国立大学の偏差値を基準に序列化されている傾向があると噂されている。

つまり、そのようなお堅い職業やその職業と関連する職種を目指す人にとって地元の国立大学に進学することが一番のメリットと言えると思う。

東京の私立大学を目指す場合のメリット

では、東京の私立大学を目指す場合のメリットはあるのだろうか。

それが有るんだな。

東京は都会だけに全国から人が集まる。

実はこの人が集まるっていうだけでそれが財産になるんだ。

価値観の違う人や物の考え方の違う人そういう人が集まるところで競争するとそれだけでいろいろたくさんのことが学べる。

また会社もそういう人材を必要としているところがあるんだ。

それはマスコミ関係や外資系やコンサル会社などだ。

これらの会社は堅実派の地方国立大学よりも多くの人と接してきてコミュニケーション能力も発達している東京の大学生を好む傾向にある。

実際に東京の大学生は地方の大学生よりもオープンだったりして面白い人が多い。

就職の傾向からみる私立と地方国立

ここまで大学の特色と就職人材育成の傾向を見てきてお分りいただけたと思う。

つまり、地方の国立は地元で就職を考えていたり、堅実な職場を目指す人、あるいは親元に近い方で就職することを考える人、にとってはとても有利である。

それに対して、東京に進出することは、いろんな人と出会うことによって才能を磨くことができるし競争にも晒される。

でも、そうすることによって自分に価値が生まれることになる。

自分の才能を活かせる職場で働きたいと考えている人には大変メリットがあると思う。

そういう面が東京の私立大学にはあるんだ。

その点を考慮して東京の大学を選ぶか地元の大学へ進学するかを考えて見ても良いと思う。

sponsoredlink